フラゴナール香水博物館で香水買いました。

フラゴナール香水博物館

香水の歴史、作り方、種類など、
香水のことがわかり、最後は
質の良い香水が低価格で買えるという博物館。
香水の国でもあるからね、フランスは。

IMG_1402.jpg

昔の貴婦人は、ドレスにポケットがあり、
わざわざ取りに行くのが面倒だから、
そのポケットに、お菓子やトランプや香水を入れていたんですって!

私の想像は合ってるかしら?
マリー・アントワネットや、その取り巻きのご婦人方が、
豪華なドレスに、お菓子、トランプ、香水を隠し持っていたとうい想像。
何度も日本語ができるフランス人ガイドに聞いたけど、
「そうなのよ~」って。
ほんと?!

香水の種類、まとめます。
❶パルファム
 一番純度が高い。持続時間は5時間から半日
❷オードパルファム
 次に純度が高い。5時間程度持続
❸オードトワレ
 持続時間3時間程度
❹オーデコロン
 持続時間2時間程度

純度が高いものは、香りの持続時間が長いが、
アルコールが少ないため、劣化が早い。
純度が低ければ、香りの持続時間は短いが、
アルコールが多いため、劣化が遅い。

で、フラゴナールの香水は、
ここの工場で作って、各ブランドに卸しているそう。
容器は、ガラスでなく、缶の容器を使用しているので、
長い間劣化しない。

見学が終わって、せっかくだから香水買いました。

IMG_1489.jpg



そして、これは、香水は香水博物館からのプレゼント。
石鹸とオードトワレの試供品みたいなセット。


IMG_1490.jpg

アイリスのいい香りです。



にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村


にほんブログ村
関連記事

テーマ : フランス旅行 - ジャンル : 旅行

tag : フランス パリ 一人旅 フラゴナール香水博物館