梅香る太宰府天満宮へ

福岡在住なので、旅というほどではありませんが、
車を飛ばして30分、
学問の神様、菅原道真がまつられている、
太宰府天満宮に行ってきました。
(何度も行ってるけどねー)

DSC00160.jpg


橋ー


参道を抜けて、鳥居をくぐると、
3つの橋があり、それぞれ、渡り方があります。

まずは一番目の橋、過去
DSC00142.jpg

過去の橋は、後ろを振り返らないように渡る。
修学旅行で、友達が私を振り向かせようと、
後ろから私の名前を何度も呼んでいたのを思い出した(゚∀゚)
ずっと昔のことだけど・・・。

二番目は、現在。
現在の橋は、過去や未来の橋と違って、
平らです。
しっかりと大地を踏みしめて渡ります。

DSC00145.jpg

写真は、現在の橋から見た池、

そして、三番目は未来。
あ~、写真撮り忘れ~。

未来の橋は、転ばないように渡ります。

手水ー

DSC00153 (2)


参拝


神社に「よって、作法が少し違うようですが、
太宰府天満宮では、
「二拝二拍手一拝」

本殿の写真がありませんでした・・・。
本殿は、この奥にあります。

DSC00107 (2)

今年は、家族にだれも受験生はいなかったので、
三男がしっかりしますようにと祈ってきました。
菅原道真様、
いつもお世話になってます。

飛梅ー

東風(こち)吹かば
にほいをこせよ梅花(うめのはな)
主なしとて春を忘るな

と、太宰府に左遷された菅原道真が、
京の梅の花を想って俳句を唄い、
平安京から太宰府に飛来したと伝えられる飛梅。

DSC00114.jpg

樹齢1000年を超えるそうです。
今年も見事に咲いてくださいました。

本殿のすぐ右にあります。

7梅の写真

この時期、梅の花がほんとに綺麗♪
シャッター押しまくり。
紅い梅、白い梅。
観光客の方も、テンション、上がってました。

DSC00157.jpg

DSC00128.jpg

DSC00104.jpg


梅ヶ枝餅png

おみくじひいたり、お守り買ったら、鳥居を出て、
お土産やさんが軒を連ねる参道へ。
やっぱ、梅ヶ枝餅は食べなきゃね。

今回は、持って帰らずに、すぐ食べたいから、
「きくち」っていう、二階が喫茶店になっている、
梅ヶ枝餅のお店へ。

まずは、サービスで、梅茶が出てきましたよ。
おいしいです。

DSC00133.jpg

梅ヶ枝餅と、コーヒーセット。

DSC00136.jpg

お店によって、ちょっとずつ
味が違う。
ここのは、皮がやわらかめ。

私はどちらかというと、
皮がパリっとしている方が好き。

でも、これはこれで、
おいしくいただきました。

柔らかい皮が好きな方は、
「きくち」とか、いいかもです。

h77[1] - コピー

太宰府天満宮の初詣はすごい人で、
行かなかったり、行っても家族と一緒で
ゆっくりできなかったりなので、
今の時期に毎年行きたいな。
しかも一人、もしくは友達と。

お土産屋さんにも、
ゆっくり寄ることできた。

DSC00168.jpg


今年の干支の、
「起き上がり酉」
を買いました。
小野東風件というお店で。
毎年、その年の起き上がりこぼしが
出てるそうです。

来年も行こうっと。2月に・・・。


気に入っていただけましたら、
応援クリック、お願いします。

にほんブログ村

テーマ : 国内旅行 - ジャンル : 旅行

tag : 太宰府天満宮 福岡 一人旅 飛梅伝説 飛梅 国内旅行 太宰府天満宮参拝の仕方 太宰府天満宮橋の渡り方