RERのC線から見たエッフェル塔

RERのC線に乗り、列車がセーヌ川の橋を渡っている時に、車窓から撮ったエッフェル塔です。



RERの駅で、路線図の見方がよくわからなかったので、
近くにいたパリジェンヌに英語で、聞いてみました。
そしたら、
「日本の方ですか?」
と思わぬ返事が。
日本語が話せるパリジェンヌでした\(^o^)/
パリジェンヌとガールズトーク?できて、
楽しかった!
私も、ちゃんとガールズトーク?できるくらい、
英語を話せるようになりたい!
そしたら、海外旅行は、こんなふうに、もっと楽しいのだろうな
と思ったのでした。

今度は、セーヌ川沿いを散歩し、見つけた桃の花?とエッフェル塔

IMG_1436.jpg

次は、船とエッフェル塔
IMG_1425.jpg

すごい近くで見たエッフェル塔

IMG_1442.jpg


きりがないですね(^^;)



にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村


にほんブログ村

テーマ : フランス旅行 - ジャンル : 旅行

tag : フランス パリ 一人旅 エッフェル塔

フラゴナール香水博物館で香水買いました。

フラゴナール香水博物館

香水の歴史、作り方、種類など、
香水のことがわかり、最後は
質の良い香水が低価格で買えるという博物館。
香水の国でもあるからね、フランスは。

IMG_1402.jpg

昔の貴婦人は、ドレスにポケットがあり、
わざわざ取りに行くのが面倒だから、
そのポケットに、お菓子やトランプや香水を入れていたんですって!

私の想像は合ってるかしら?
マリー・アントワネットや、その取り巻きのご婦人方が、
豪華なドレスに、お菓子、トランプ、香水を隠し持っていたとうい想像。
何度も日本語ができるフランス人ガイドに聞いたけど、
「そうなのよ~」って。
ほんと?!

香水の種類、まとめます。
❶パルファム
 一番純度が高い。持続時間は5時間から半日
❷オードパルファム
 次に純度が高い。5時間程度持続
❸オードトワレ
 持続時間3時間程度
❹オーデコロン
 持続時間2時間程度

純度が高いものは、香りの持続時間が長いが、
アルコールが少ないため、劣化が早い。
純度が低ければ、香りの持続時間は短いが、
アルコールが多いため、劣化が遅い。

で、フラゴナールの香水は、
ここの工場で作って、各ブランドに卸しているそう。
容器は、ガラスでなく、缶の容器を使用しているので、
長い間劣化しない。

見学が終わって、せっかくだから香水買いました。

IMG_1489.jpg



そして、これは、香水は香水博物館からのプレゼント。
石鹸とオードトワレの試供品みたいなセット。


IMG_1490.jpg

アイリスのいい香りです。



にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村


にほんブログ村

テーマ : フランス旅行 - ジャンル : 旅行

tag : フランス パリ 一人旅 フラゴナール香水博物館

ヴェルサイユ宮殿

ヴェルサイユへ。
正面。思ったより大きな敷地。

IMG_1348.jpg



フォンテーヌブロー城にもありました。
宮殿には教会が。
王や王妃は、教会よりも上の場所(吹き抜けの2階部分)
からミサに参加していたそう。
IMG_1354.jpg


回廊の間。
ここで舞踏会が行われていたそう。
舞踏会って、細長ーい場所で行われていたのですね・・・。
IMG_1371.jpg

奥様方は、暇を持てあまし、お茶会をしていたそう。
IMG_1393.jpg

この絵は、ナポレオンの戴冠式。
IMG_1380.jpg

本来ならローマ法王からナポレオンが冠を授かる儀式なのに、
ローマ法王から冠を取り上げ、自分でかぶったというエピソード。
周りの人たちはギョッとして驚いたといいます。



ここは、王の寝室のバルコニー。
IMG_1376.jpg

フランス革命のはじめ、
貧困に苦しみ、暴徒化した国民がヴェルサイユまで押しかけ、
このバルコニーの下まで来た時、
マリー・アントワネットがこのバルコニーに出て、
一礼し、一時は国民の怒りを鎮めたという。
マリー・アントワネットの映画のロケも、
実際この場所を使ったそう。


歴史が大きく動いていたヴェルサイユ宮殿
私は、オプショナルツアーの、日本語ガイド付きで
来ました。
日本語ガイドの方についてもらって良かった。
エピソードを聞けたり逆に、こちらから質問したり。
フランスの華やかな時代と激動の時代を感じることができました。


にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村


にほんブログ村

テーマ : フランス旅行 - ジャンル : 旅行

tag : フランス パリ ヴェルサイユ宮殿 一人旅