東南アジア最大級の湖の上で暮らす人々がいるトンレサップ湖クルーズ

湖の上で暮らす人々がいるんです。
船の上で。
雨期と乾期、季節によって、村ごと場所を変えて。
まるで、水上の遊牧民族みたいに。
そして、彼らの家業のほとんどは、漁師だそう。

その湖は、トンレサップ湖。
トンレサップ湖クルーズに行ってきました。

船乗り場です。
観光客のクルーズ船がたくさん。

GGNH3687.jpg

湖畔で暮らす人々もいるんですね。

SGWU2816.jpg

しばらく行くと、視界が開けてきました。果てしなく湖。
そして、集落。

MBUZ6273.jpg

面積は、乾期は琵琶湖の4倍くらい。
雨期は、琵琶湖の24倍くらい。

水上生活者は、1ブロック1万人で、
100ブロック100万人ですって・・・。

水上生活がどんな感じか見てみたいという好奇心から、
トンレサップ湖ツアーに参加したのですが、
残念なことに、
私が参加したツアーは、

船で湖に出る
  ⇓
水上の休憩所みたいなところに連れて行かれる
  ⇓
あれが学校ですよと、遠くから見せてもらう

と、なんともチンケなツアー・・・

水上で暮らしてる人なんか、一人も見てない。
遠目に集落を見るだけ。

まあ、それでも、
シュムリアップの観光は、遺跡しかないから、
気分転換には良かったけど、
期待していたようなツアーではありませんでした。

水上で暮らしている方からしてみると、
観光客に好奇心の目で見られても、
あまり気持ちのいいものではないのかもしれませんね。

下の写真の赤い屋根は、学校、
そして、左の船は、観光の船。

BBCE1967.jpg

学校や病院も水上にあるんですって。
そして、湖の水を飲んで、
トイレは、そのまま湖に流すんですって・・・。
洗濯も湖の水。

上水道と下水道が一緒になった感じかしら???
湖が大きいから、汚物は、自然と浄化されちゃうのかしら???

よくわからないことばかりだけど、
ひとつわかったことは、
「貧しくて陸の上で暮らせないから湖の上で暮らしている人々がいるのだということ。」
色々想像すると、心が痛み、
でも、何も出来ない、する気もない自分。
観光だけさせてもらいます・・・。




にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村





テーマ : 海外旅行 - ジャンル : 旅行

tag : 一人旅 カンボジア トンレサップ湖